要点
  • 体内から放出されるγ線は各臓器にて減弱し,さらに同時に散乱する.減弱によりカウントは減少するが、逆に散乱によってカウントは増大する.
  • 様々な補正法が提案されており、Deconvolution法、Dual energy window subtraction法、Transmission dependent scatter correction法などがある.
  • この項では、実用的な方法として、画像収集時に2および3エネルギウィンドを設定し、補正する手法を紹介する.
 

散乱補正方法:Triple energy window (TEW)法

  • メインピークエネルギの両側,もしくは片側にサブウインドウを設定する.
  • Tl-201:(メイン)71keV±10,(サブ)メインピークの両側に7%
  • Tc-99m:(メイン)140keV±10,(サブ)メインピークの下側に7%
  • サブウィンドウ画像に対してフィルタ処理を行った後,メインエネルギ画像より減算する.

サブウィンドウ(low) メインウィンドウ サブウィンドウ(high)

  • 下図の上段は散乱線補正後の短軸像,下段は未補正の結果である.
  • バックグラウンドのノイズが低減し、像の輪郭が明瞭に表現できる.
  • 散乱補正だけを用い、同時に減弱補正を行わない場合には、心筋内腔のコントラストは良くなるが、下壁のカウントが低くなる.

[KO: 2010.08.01]