QGS,

要点
  • 心電図同期心プール検査は、駆出分画算出にあたっては標準的な方法とされてきたが、現在は心電図心筋SPECTにより算出される駆出分画が用いられることが多い
  • 日本人で算出された駆出分画と左室容積の標準値を以下に記載する
  • 小心臓(small heart)では駆出分画が高く算出されること、女性では男性よりも5%程度、駆出分画高く算出されることに注意する
 
  • 心筋血流gated SPECTでの、駆出分画の正常範囲を、日本核医学会ワーキンググループ(WG)データベースとJ-ACCESS多施設共同研究と比較して以下に示した。
  • 日本核医学会WGの収集時の条件は以下の通りである。
    • Tc-99m心筋血流製剤
    • 1心拍を16分割
    • 360度と180度は一括
  • JSNMワーキンググループ2015による正常値のまとめは、文献A-2参照。
    • Tl-201 gated SPECTによる8分割データ
    • QGS, Emory Cardiac Toolbox, Heart Function View, cardio REPOによる正常値
 
 
JSNMM WG
J-ACCESS
Male
Female
Male
Female
EF (%)        
mean 64 69 63 74
SD
7
7
7
9
±2SDの範囲 
50-78
54-84
49-78
55-92
EDV(ml)
       
mean
 80
64 
 88
59 
SD
16
13
23
17
±2SDの範囲
49-112
39-90
42-134
25-93
ESV(ml)
       
mean
29 
 20
 33
 17
SD
9
7
13
10
±2SDの範囲
12-47
7-34
6-60
0-36
EDVI (ml/m2)
       
mean
 47
42 
51 
39 
SD
9
7
12
11
 
30-64
29-55
28-75
18-61
ESVI (ml/m2)
       
mean
17 
 13
 19
 11
SD
5
4
7
6
±2SDの範囲
8-27
5-22
5-33
0-24
 

参考文献

  • A. JSNM-WG
    • 1. Nakajima K. Normal values for nuclear cardiology: Japanese databases for myocardial perfusion, fatty acid and sympathetic imaging and left ventricular function. Ann Nucl Med 2010; 24:125-135
    • 2. Nakajima K, Matsumoto N, Kasai T, Matsuo S, Kiso K, Okuda K. Normal values and standardization of parameters in nuclear cardiology: Japanese Society of Nuclear Medicine working group database. Ann Nucl Med 2016 (Epuab ahead of print)
  • B. J-ACCESS
    • Nakajima K, Kusuoka H, Nishimura S, Yamashina A, Nishimura T. Normal limits of ejection fraction and volumes by gated SPECT based on J-ACCESS database in clinically normal patients without cardiac events. Eur J Nucl Med Mol Imaging 2007;34: 1088-1096

[KN: 2010.08.01, 改訂2011.02.18/2016/2/22]