要点
  • 負荷心筋血流シンチの冠動脈疾患の診断能は、冠動脈造影所見との対比において、症例ごとの評価では感度は80-90%程度、特異度は80-95%程度、冠動脈枝ごとの評価では感度は70-90%、特異度は80-95%程度とされている。
  • 心筋血流SPECTと冠動脈CTの所見に乖離を生ずる場合で多いのが、冠動脈CTにおいて狭窄があり、SPECTで血流が正常の場合である。解剖学的な冠動脈狭窄と生理学的な虚血の出現の差異に注意する。
 

冠動脈造影所見との比較

  • 負荷心筋血流シンチの冠動脈疾患の診断能についてはこれまで多くの報告があり、冠動脈造影所見との対比において、感度と特異度は以下のとおりである[1, 2]。
    • 症例ごとの評価では感度は80-90%程度、特異度は80-95%程度、
    • 冠動脈枝ごとの評価では感度は70-90%、特異度は80-95%程度
  • %uptakeや洗い出し率の計測、circumferential profile analysisといった定量的な評価法の導入により診断能の改善が得られるとの報告もある[3-6]。
  • 運動負荷では運動耐容能が予後指標となることが知られているが、運動量が不十分であると診断感度が低下する[7, 8]。
  • カルシウム拮抗剤、亜硝酸剤、βブロッカーなどの服用も検出感度に影響をおよぼすが[9]、薬剤投与時の虚血の程度を評価する目的の場合には薬剤投与下での負荷検査がなされる。
  • 冠動脈造影による狭窄度の定量的評価に比較して負荷血流SPECT所見は局所血流予備能の測定値とより相関するとの報告があり[10, 11]、形態情報とは異なる虚血評価が可能であると考えられている。
  • small heartの症例においては診断能が劣るとされる[12, 13]。 検査システムの空間分解能があまり高くないことに関連すると考えられる。small heart は心電図同期SPECTで評価を行う際の誤差要因のひとつでもあり注意を要する。
 

冠動脈CTとの比較

  • 冠動脈CTの狭窄病変の検出能は冠動脈枝ごとの評価で感度は80-95%程度、特異度は85-95%程度とされ、陰性的中率がきわめて高い(97-99%程度)ことが知られている[14-17]。ただし、石灰化などで評価不可能な部位が除かれている点には注意を要する。
  • 冠動脈CTが正常所見で、SPECTにおいて血流低下を認める場合は、SPECTの偽陽性(アーチファクト等による)もしくは冠動脈閉塞後の自然再疎通やスパズム解除後の心筋ダメージの存在が原因として考えられる。このパターンの乖離の頻度は比較的低く、冠動脈CT正常所見例のうちの10%程度であるとされる[18]。
  • 負荷心筋血流SPECTと冠動脈CTの所見に乖離を生ずる場合で多いのが上記とは逆のパターンで、冠動脈CTにおいて狭窄があり、SPECTで血流が正常の場合である。冠動脈CT異常例の半数程度で見られるとされる[18]。このパターンの乖離の原因として、多枝病変例での各病変部位による虚血の程度がほぼ同等で(balanced three-vessel disease)、相対的なカウント分布で判断するSPECT画像上で異常として認識されない場合もあり得るが、頻度は多くない。むしろ、冠動脈狭窄があっても実際に虚血・血流低下として影響していないことが主な原因と考えられる。このような症例の扱いをどうするかが今後の検討課題である。
 

参考論文

  1. 玉木長良他. 心臓核医学検査ガイドライン Circ J 2005;69:1125-207.
  2. 橋本順. 胸部の最新画像診断情報2010 心臓核医学の基礎と臨床:臨床編 臨床放射線 2010;55 in press.
  3. Tamaki N, Yonekura Y, Mukai T, et al. Stress thallium-201 transaxial emission computed tomography: quantitative versus qualitative analysis for evaluation of coronary artery disease. J Am Coll Cardiol 1984;4:1213-21.
  4. Takao Y, Murata H, Katoh K. Availability and limitations of thallium-201 myocardial SPECT quantitative analysis: assessment as daily routine procedure for ischemic heart disease. Ann Nucl Med 1991;5:11-8.
  5. Nishimura S, Mahmarian JJ, Boyce TM, Verani MS. Quantitative thallium-201 single-photon emission computed tomography during maximal pharmacologic coronary vasodilation with adenosine for assessing coronary artery disease. J Am Coll Cardiol 1991;18:736-45.
  6. Williams KA, Schuster RA, Williams KA, Jr., Schneider CM, Pokharna HK. Correct spatial normalization of myocardial perfusion SPECT improves detection of multivessel coronary artery disease. J Nucl Cardiol 2003;10:353-60.
  7. Meyers DG, Hankins JH, Keller DM, Bagin RG. Effect of exercise level on the diagnostic accuracy of thallium-201 SPECT scintigraphy. Nebr Med J 1992;77:26-8; discussion 9.
  8. Ho YL, Wu CC, Huang PJ, et al. Dobutamine stress echocardiography compared with exercise thallium-201 single-photon emission computed tomography in detecting coronary artery disease-effect of exercise level on accuracy. Cardiology 1997;88:379-85.
  9. Sharir T, Rabinowitz B, Livschitz S, et al. Underestimation of extent and severity of coronary artery disease by dipyridamole stress thallium-201 single-photon emission computed tomographic myocardial perfusion imaging in patients taking antianginal drugs. J Am Coll Cardiol 1998;31:1540-6.
  10. Caymaz O, Fak AS, Tezcan H, et al. Correlation of myocardial fractional flow reserve with thallium-201 SPECT imaging in intermediate-severity coronary artery lesions. J Invasive Cardiol 2000;12:345-50.
  11. Yanagisawa H, Chikamori T, Tanaka N, et al. Correlation between thallium-201 myocardial perfusion defects and the functional severity of coronary artery stenosis as assessed by pressure-derived myocardial fractional flow reserve. Circ J 2002;66:1105-9.
  12. Hansen CL, Crabbe D, Rubin S. Lower diagnostic accuracy of thallium-201 SPECT myocardial perfusion imaging in women: an effect of smaller chamber size. J Am Coll Cardiol 1996;28:1214-9.
  13. Hansen CL, Kramer M, Rastogi A. Lower accuracy of TI-201 SPECT in women is not improved by size-based normal databases or Wiener filtering. J Nucl Cardiol 1999;6:177-82.
  14. Raff GL, Gallagher MJ, O'Neill WW, Goldstein JA. Diagnostic accuracy of noninvasive coronary angiography using 64-slice spiral computed tomography. J Am Coll Cardiol 2005;46:552-7.
  15. Kuettner A, Beck T, Drosch T, et al. Diagnostic accuracy of noninvasive coronary imaging using 16-detector slice spiral computed tomography with 188 ms temporal resolution. J Am Coll Cardiol 2005;45:123-7.
  16. Mollet NR, Cademartiri F, Nieman K, et al. Multislice spiral computed tomography coronary angiography in patients with stable angina pectoris. J Am Coll Cardiol 2004;43:2265-70.
  17. Mollet NR, Cademartiri F, van Mieghem CA, et al. High-resolution spiral computed tomography coronary angiography in patients referred for diagnostic conventional coronary angiography. Circulation 2005;112:2318-23.
  18. Schuijf JD, Wijns W, Jukema JW, et al. Relationship between noninvasive coronary angiography with multi-slice computed tomography and myocardial perfusion imaging. J Am Coll Cardiol 2006;48:2508-14.

[JH: 2010.08.01]