要点
  • 負荷心筋SPECTにより冠動脈疾患のリスク層別化と予後推定が可能となる
 
  • 日本人対象の多施設研究であるJ-ACCESS研究をはじめとする予後調査研究によれば、負荷心筋SPECTを行い早期(通常60日以内)の血行再建患者を除いた後の患者予後(心筋梗塞症、心臓死、不安定狭心症、心不全などを含む心事故発症)は、心事故発生率が欧米に比べて有意に低く、SPECTから得られる指標によってリスク層別化できることが明らかになった。
  • 心電図同期SPECTから得られる指標とは、負荷後の読影スコアを合計したSummed stress score(SSS)、安静時スコアの合計Summed rest score(SRS)とSSSからSRSを引いて得られるSDS(Summed difference score:負荷によって誘発された虚血心筋量を示す)の他に心駆出率(%)や左室収縮末期容量(ml)などである。
  • SSS値によって層別化された心事故回避カプランマイヤー曲線は図のごとくであり、SSSを正常群、軽度異常群、中等度異常群、重度異常群に分けた場合SSS値が増大するにつれて心事故も増大した。[1]

major events

  • 心筋梗塞症の既往がある非糖尿病患者と心筋梗塞症の既往のない糖尿病患者の主要心事故発生率は、ほぼ同等であり(5.06 vs 5.73%/3年)、糖尿病は心筋梗塞の既往と同等のリスクを持つ。このため心事故を起こしていない糖尿病患者の管理が重要である。
  • 心事故は虚血性のイベント(急性冠症候群)と非虚血性のイベント(心不全や、心臓突然死)に分けられるが、前者における多変量解析の結果から負荷によって誘発された虚血心筋量(SDS)は、最大の心事故後測因子である。[2]
  • J-ACCESS研究を用いて、負荷心筋血流SPECTの結果から本邦における心事故発生率を予測しうるパソコンベースのプログラムとしてHeart risk viewソフトウェアとそのリスクチャート”Heart Risk Table[文献3]”がある。このチャートでは、年齢、糖尿病の有無、eGGR、駆出分画、SSS(負荷時の欠損)により、3年間の重症心事故を推定する。
 

参考論文

  1. Nishimura T, Nakajima K, Kusuoka H, Yamashina A, Nishimura S. Prognostic study of risk stratification among Japanese patients with ischemic heart disease using gated myocardial perfusion SPECT: J-ACCESS study. Eur J Nucl Med Mol Imaging. 2008; 35: 319-28.
  2. Matsumoto, N., Sato, Y., Suzuki, Y., Kunimasa, T., Yoda, S., Iida, J., Nakano Y., Yoshimura, A., Miki, T., Kato M., Matsuo, S., Saito, S., Hirayama, A.: Prognostic Value of Myocardial Perfusion Single Photon Emission Computed Tomography for the Prediction of Future Cardiac Event in Japanese Population: A Middle-Term Follow-Up Study. Circ J 2007; 71: 1580-1585.
  3. Nakajima K, Matsuo S, Okuyama C. Cardiac Event Risk in Japanese Subjects Estimated Using Gated Myocardial Perfusion Imaging, in Conjunction With Diabetes Mellitus and Chronic Kidney Disease. Circ J  2012; 76: 168 – 175. → Chart (Erratum)
  4. [J-ACCESSの総説として] Nakajima K, Nishimura T. Cardiovascular events in Japan. Lessons from the J-ACCESS multicenter prognostic study using myocardial perfusion imaging. Circ J. 2012;76(6):1313-21. Epub 2012 Apr 26.

[KN, SM: 2010.08.01, 2015.9.01]