要点
  • 一般に放射性医薬品による副作用の発現率は十分に小さく、10万件あたり1.5件程度である。
  • 被曝を必要最小限に抑えることは、放射線を用いる検査の基本である。
 
  • 日本アイソトープ協会医学薬学部会放射性医薬品安全専門委員会では毎年副作用事例調査を施行しており,2005年の報告(核医学2005; 42:33-45)で29回となっている。
 

副作用は10万件あたり1.5件

  • 報告された放射性医薬品の全投与件数は1,357,419件であり,副作用の発生率は0.0015%で10万件あたり1.5件となる。不良品発生率は0.0003%で10万件あたり0.3件となる。
  • 米国核医学会の局方委員会報告(18施設)では10万件あたり2.3件,欧州核医学会(EANM)では10万件あたり11件であるが,これらの調査では血管迷走神経反応はあらかじめ除外されている。

SPECTに関連する放射性医薬品の被ばく線量 (mGy/37MBq)

 
全身
精巣
卵巣
Tl-201
1.00
2.20
2.50
Tc-99m RBC
0.12
0.27
0.16
Tc-99m tetrofosmin
0.14
0.09
0.52
Tc-99m MIBI
0.09
0.12
-
I-123 BMIPP
0.37
0.28
0.41
I-123 MIBG
-
0.20
0.30
  • 妊娠中に施行された検査に対する考え方については、別項参照

[KN: 2010.08.01]