会  期 :

平成16年3月26日(金) 12:05~18:35

会  場 :

東京国際フォーラム

大会長 :

丸山 幸夫
(福島県立医科大学医学部第一内科)

開会の挨拶:

丸山 幸夫 (福島県立医科大学医学部)

総会:

開催内容:

ランチョンセミナー 12:10~12:50
新しい診断法、治療法と核医学
座長:
小西 淳二(公立 小浜病院)
竹越 襄(金沢医科大学循環器内科学)

1)診断法:FDG imaging
 玉木 長良(北海道大学大学院医学研究科核医学)

2)治療法:心臓再生医療の核医学による評価
 矢尾板 裕幸(福島県立医科大学医学部第一内科)

パネルディスカッション 13:15~14:45
「核医学による心不全診断の現状
-心不全患者の診療への効果的な利用-」

1)原因診断の鑑別疾患
 外山 卓二(群馬県立心臓血管センター循環器内科)

2)心収縮能及び拡張能の評価
 中田 智明(札幌医科大学医学部内科学第二講座)

3)心臓交感神経機能評価 123I-MIBG
 福山 尚哉(萩原中央病院)

4)心筋代謝の評価
  (1)123I-BMIPP
     竹石 恭知(山形大学医学部内科学第一)
  (2)18F-FDG PET
     石田 良雄(国立循環器病センター放射線診療部アイソトープ診療科)

特別講演  14:50~15:50
「Risk Stratificatiomに関する最近の話題」
座長:
西村 恒彦(京都府立医科大学大学院医学研究科放射線診断治療学)
演者:
Dr.Daniel S. Bermann(Cedars Sinai Medical Center, UCLA)

第4回若手研究者奨励賞 受賞講演 15:55~16:55
座長:
丸山 幸夫(第4回日本心臓核医若手研究者奨励賞 選考委員長)
演者:
飯田 秀博(国立循環器病センター研究所放射線医学部)

シンポジウム 16:55~18:25
「重症冠動脈疾患の治療と核医学
-冠血行再建術の適応決定と評価-」
座長:
石田 良雄(国立循環器病センター放射線診療部アイソトープ診療科)
山崎 純一(東邦大学医学部付属大森病院循環器内科)

1)血流SPECT検査による適応決定(有用性と限界)
 梶谷 定志(兵庫県立姫路循環器病センター循環器科)

2)Quantitative Gated SPECTの役割(hibernationの検出)
 汲田 伸一郎(日本医科大学付属病院放射線科)

3)BMIPP 心筋シンチグラフィによる冬眠心筋の評価
 山科 昌平(東邦大学医学部付属大森病院循環器内科)

4)冠血行再建の適応評価の比較
 (1)ドブタミン負荷心エコーと核医学 森田 浩一(北海道大学大学院医学研究科核医学)
 (2)心臓カテーテル検査と核医学 松尾 仁司(県立岐阜病院循環器科)

第4回若手研究者奨励賞 授与式 18:25~18:30

次回大会長挨拶 18:30~18:35

利波 紀久(金沢大学大学院医学系研究科バイオトレーサー診療学)