会  期 :

平成18年3月23日(木)  12:00~19:00

会  場 :

名古屋国際会議場

大会長 :

西村 重敬 (埼玉医科大学循環器内科)

総会:

12:00~12:25

開会の挨拶:

12:30~12:35

開催内容:

パネルディスカッション (12:35~14:00)                
 「本邦の心臓核医学検査ガイドラインをどう活かすか」
座長:
玉木 長良(北海道大学大学院医学研究科 核医学)
山崎 純一(東邦大学医療センター大森病院 循環器内科)

第6回若手研究者奨励賞・受賞講演 (14:00~15:00)  
座長:
西村 重敬(第6回若手研究者奨励賞 選考委員長)

ポスター発表(公募)(15:00~16:00)
テーマ:マルチモダリティー画像時代の心臓核医学検査
「各検査画像、融合画像、ハイブリッド検査等の統合的診断が有用であった症例」

特別講演:ASNCとの共同プログラム
(16:00~17:00)
座長:
西村 恒彦(京都府立医大大学院医学研究科 放射線診断治療学)

1)Heart Failure:The Use of NoninVasive Testing
 演者:Dr.Robert Bonow

2)Advances in Pharmacolobic Stress Myocardial Perfusion Imaging
 演者:Dr.Robert Hendel

シンポジウム(17:00~18:45)
「冠動脈硬化と心筋灌流の関連:評価とその展望」 
座長:
吉田 勝哉(旭中央病院PET画像診断センター)
大鈴 文孝(防衛医科大学 第1内科)

第6回若手研究者奨励賞・授与式 (18:45~18:55)
終了後、懇親会を予定しています 

◇参加費3,000円

◇本学術大会は、日本核医学会 5点、日本循環器学会1点の専門医認定更新単位の認定を受けています。