会 期 :

平成12年3月31日(金)12:40~18:00

会 場 :

リーガロイヤルホテル 3階 光琳の間

大 会 長 :

増田 善昭 (千葉大学 第三内科)

開催内容:

1.シンポジウム I
核医学における心筋虚血診断のコストエフェクティブネス

座長: 町田 喜久雄 (埼玉医科大学総合医療センター 放射線科)
  西村 重敬 (横浜労災病院 循環器科)

1) 負荷心筋イメージングのコストエフェクティブ解析
―overviewと長期予後から見たcost effective ratioの解析結果―
千葉大学 第三内科     桑原 洋一 他

2) 虚血性心疾患診断のコストベネフィット
―トレッドミル、負荷心筋シンチ、冠動脈造影の
組み合わせによるコストと予後の検討―
東京女子医科大学 放射線科     永松 仁 他

3) 当院での心筋虚血検査に関する運動負荷心筋シンチのcost-effectivenessについて
浜松医科大学 第三内科     上原 明彦 他

4) 胸痛患者における運動負荷201Tl心筋SPECTとNH3、FDG PETの費用効果分析
防衛医科大学校 放射線医学     小須田 茂

5) 追加発言:医療保険の立場から
  ―心臓核医学の診療報酬の確保をめざして:今何をすべきか―
  埼玉医科大学総合医療センター 放射線科     本田 憲業
  ―定額医療時代の循環器検査:何を優先するのか―
  松山赤十字病院 循環器科     福山 尚哉


2.教育講演
血管内放射線療法と再狭窄予防 ―現状と将来の展望―

座長: 玉木 長良 (北海道大学 核医学講座)
演者: 石綿 清雄 (虎ノ門病院 循環器センター内科)

3.シンポジウム II
心臓核医学における定量化の工夫

座長: 西村 恒彦 (京都府立医科大学 放射線医学)
演者: 神原 啓文 (大阪赤十字病院 心臓センター)

1) 201Tl心筋SPECTにおける吸収補正の有用性
熊本大学 放射線科  冨口 静二

2) 肝高集積による下壁偽欠損の対処:SPECT撮影法と再構成法の工夫
東京女子医科大学 放射線科  小林 秀樹 他

3) 負荷99mTc tetrofosmin心筋SPECT拡張末期および収縮末期像における心筋血流分布の定量評価をもちいた虚血診断
国立習志野病院 循環器内科  三上 雄路 他

4) 心不全におけるβ-blocker療法の効果判定
  ―心電図同期SPECTより得られた心機能、心筋血流の定量化―
東海大学 循環器内科  伴 和信 他

5) 心不全における123I BMIPPを用いた治療効果判定ら
  国療愛媛病院 内科  関谷 達人

6) 糖尿病心における123I MIBGを用いた治療効果判定
  松山赤十字病院 循環器科     福山 尚哉

7) 追加発言:心臓PETからみたSPECT定量に望むもの
  京都大学 循環病態内科  野原 隆司

特別講演
Cost Effective Management of Coronary Artery Disease with Rubidium PET 座長: 吉田 勝哉 (千葉大学 第三内科)
演者: 演者:Michael E.Merhige MD. Clinical Associate Professor
of Nuclear Medicine State University of New York at Buffalo、
Department of Nuclear Medicine School of Medicine