会  期 :

平成12年11月3日(金)  12:40~17:50

会  場 :

神戸国際会議場 大ホール

大会長 :

西村 恒彦 (京都府立医科大学放射線医学)

開催内容 :

シンポジウムⅠ 13:00~14:30
心不全治療評価における各種心筋シンチグラフィの役割

座長:
楠岡 英雄(国立大阪病院 臨床研究部)
山崎 純一(東邦大学医学部 第一内科学)
1)左室拡張機能障害からみた非虚血性慢性心不全予後予測
  ~心電図同期心プールシンチグラフィーを用いて~
 大阪府立病院心臓内科 下永田 剛 他

2)心電図同期SPECTを用いた心不全例におけるβ遮断薬の効果判定
 東海大学医学部循環器内科 伴 和信 他

3)特発性拡張型心筋症に対するβ遮断薬療法の効果予測および治療評価におけるBMIPP心筋シンチグラフィーの役割
 ~心臓核医学の診療報酬の確保を目指して:今なにをすべきか~
 鹿児島市医師会病院循環器内科 吉永 恵一郎 他

4)左心機能低下患者におけるI-123-MIBG心臓交感神経機能イメージングの長期的予後評価の意義
特発性心筋症と虚血性心筋症に差異はあるか?
札幌医科大学第二内科 若林 剛 他

5)核医学検査の特性
 金沢大学医学部核医学科 中嶋 憲一

第1回学会賞 受賞講演 14:30~15:00
座長:
杉下 靖郎(日本心臓核医学会 理事長)
核医学的に見た心筋代謝の臨床的、基礎的検討
-PETで見た基礎的及び臨床的研究と心筋脂質代謝SPECT製剤(BMIPP)の基礎的検討-

京都大学大学院医学研究科循環病態学 野原 隆司

特別講演 15:15~16:15
座長:
西村 恒彦(京都府立医科大学放射線医学)
Molecular Nuclear Cardiology
H.Willam Strauss
Professor, Division of Nuclear Medicine, Department of Radiology, Stanford University, School of Medicine

シンポジウム II 16:15~17:45
新しい治療法と心臓核医学
座長:
丸山 幸夫(福島県立医科大学医学部 内科学第一)
玉木 長良(北海道大学医学部 核医学)

1)新しい外科治療の現状
 京都府立医科大学心臓血管外科学  夜久 均 他

2)Transmyocardial laser revascularization (TMR)の治療効果判定と心筋シンチグラフィ
 東京女子医科大学放射線科 小林 秀樹 他

3)左室縫縮術
 福井循環器病院内科 新井 芳行

4)心臓移植
 大阪大学大学院医学系研究科トレーサ情報解析学研究部 長谷川 新治

5)遺伝子治療と核医学
 国立循環器病センター放射線診療部 石田 良雄

次回大会長挨拶 17:45~17:50

神原 啓文(大阪赤十字病院 内科)