要点
  • 心プールシンチグラフィの容積曲線の解析から、拡張期指標が求められてきた。
  • 同様に、心電図同期心筋SPECTの容積曲線をもとに、拡張指標が計算できる。
  • 拡張指標に影響を与える因子を理解して用いる必要がある。
  • 拡張機能は、虚血性心疾患、心不全、心筋症等で障害が出現する。
 
  • 核医学では容積曲線の解析から以下のような指標を用いることが多い

    Volume curve

    • PFR: peak filling rate
    • TPFR: time to peak filling rate (または、TPF, time to peak filling)
    • 1/3 mean FR (MFR): 1/3 mean filling rate
 
  • 各パラメータの正常値を、日本核医学会ワーキンググループデータベースより示す。同一の基準を用いた場合、高齢者では拡張障害の頻度が高くなるので注意する。
  • 従って、60歳未満の値を標準として利用しても良いが、この場合に60歳以上では1/3MFRとTPFRで約20%が異常、TPFR/RRは約33%が異常となることを理解しておく。
 
全症例
60歳未満
60歳以上
peak filling rate (/sec)
 
 
 
mean
2.69
2.79
2.58
SD
0.57
0.53
0.60
正常範囲
1.55-3.83
1.73-3.85
1.38-3.78
1/3 mean FR (/sec)
 
 
 
mean
1.60
1.68
1.51
SD
0.39
0.30
0.47
正常範囲
0.82-2.38
1.08-2.28
0.57-2.45
TPFR (msec)
 
 
 
mean
167
159
176
SD
38
26
48
正常範囲
91-243
108-210
80-273
TPFR/ RR
 
 
 
mean
0.18
0.17
0.18
SD
0.03
0.02
0.04
正常範囲
0.12-0.24
0.13-0.22
0.11-0.26
 

参考論文

  • Nakajima K. Normal values for nuclear cardiology: Japanese databases for myocardial perfusion, fatty acid and sympathetic imaging and left ventricular function. Ann Nucl Med 2010; 24:125-135

[KN: 2010.08.01, 2014.08.19]